逆に年収が高くなることも?非常勤医師として働くスタイル

アルバイト医師の年収は非常に高い

一般的には、非正規雇用では年収が伸びないと言われています。そのため、普通の会社なら正規雇用を勝ち取りたいと考える人が多いです。ただし、医師の世界では少し事情が違っています。医師の世界では、常勤で働く勤務医よりも、非常勤で働く医師の方が年収が高くなるケースが多いのです。一種の逆転現象が起きているわけですね。医師は人手不足も相まって、アルバイトでもかなり高い時給で働くことができるからです。時給一万円というケースも珍しくはないので、単純に頻繁に仕事を入れていれば年収は高くなってしまうわけです。ですから、稼ぎたいならフリーでどこの病院にも正式に所属をしないという手は考えられます。

常勤と非常勤は一長一短

ただし、アルバイトとして働く場合には、医師として腕を磨きづらくなることは考えられます。専門的な分野を伸ばしていくことも難しいですから、理想的な医師像に近づくことはできないかもしれません。フリーのままでいるか、病院に所属をするかは悩ましい問題ですが、何を一番に優先すべきかを考えていくと自然と答えは出てくるはずです。家族や自分の自由な時間を優先したい場合にはアルバイトを拾っていく方がいいでしょうし、お金や時間ではなく医師としてのキャリアアップややり甲斐を重視するなら、勤務医として働くのが正解になります。人によってどちらがいいかは違うので、医師になったタイミングで自分の胸に手を当てて一度しっかりと考えてみる必要があります。

医師を非常勤として雇う場合には、後でトラブルに発展することのないように労働条件などをしっかりと決めておく必要があります。