ハローワーク?サイト?エージェント?仕事探しの方法を比較

幅広く仕事を探すなら意外と便利?ハローワーク

ハローワークには、内容も雇用形態も様々な求人が集まります。特に地元の求人が見つけやすいので、都内や大都市以外で仕事を探したい時に役立ちます。また、職業訓練や講座等も、ハローワーク経由で受けることができます。職員に相談しながら応募先を決めることも可能なので、未経験だったり、どういった仕事が良いのか分からなかったりしても、仕事探しを始められるというのがメリットです。

ただし、求人が無料で出せるという特徴もあり、ハローワークに寄せられる求人は玉石混交です。応募の際はしっかり吟味することも必要です。

手軽に応募できるのは求人サイト

アルバイトサイトや転職サイトなど、様々な種類の求人サイトがあります。希望する雇用条件がはっきりしている場合は、検索で絞り込んで探すことができ、役立ちます。また、自分のペースで落ち着いて仕事を探すことができるので、じっくり比較検討するのにも向いています。

一方、求人の数が膨大なため、希望条件が定まっていない状態ではなかなか利用しづらいかもしれません。逆に、条件を狭めすぎて良好な求人を見逃すこともあり得るので、適度な条件を模索することが必要です。

正社員なら転職エージェントも

正社員の求人を探すなら、転職エージェントを利用して求人を紹介してもらうという手段もあります。エージェントでは、求職者に対して担当が付き、相談や求人の紹介を行います。一般に出回っていない求人を紹介してもらえることもあり、条件の良い仕事に就きやすいというメリットがあります。

ただし、担当との連携が大切になるので、お互いの相性などにも左右されます。また、職務経験や希望する条件によっては紹介を受けられないこともあり得るので、まずはその点の確認が必須です。

仕事探しは多くの場合、インターネットやフリーペーパーで探します。その際、その職場がどのような場所なのかを知るためにしっかりと情報収集をすることが大切です。