初めての一人暮らしに最適?マンスリーマンションのメリット

家具家電つきですぐにでも住める

初めての一人暮らしは勝手がわからず、なかなか慣れないものです。これまでは誰かがやってくれていた家のこともすべて自分でやらなければなりません。掃除や洗濯、料理など覚えることはたくさんあります。

マンスリーマンションの最大のメリットは家具や家電が初めから備わっているということです。冷蔵庫や電子レンジなど生活していく上で欠かせない家電は多く、すべて揃えるとなるとかなりのお金を必要とします。しかし、マンスリーマンションではその必要が無いため、短期間の単身赴任、実習中のみ一人暮らしをする学生などにも最適です。

比較的好立地なケースが多い

マンスリーマンションの特徴として、比較的好立地に物件があるという点が挙げられます。マンスリーマンションはどちらかというと短期間住む人をターゲットとしている物件で、利用者の多くは単身赴任のサラリーマンや学生です。

そのため、駅や大学などに近い物件が多く、通勤・通学に大きなメリットとなります。

出ていく時も処分が必要ない

マンスリーマンションのもうひとつのメリットは、出ていく時にも家具や家電などを処分する手間がないため楽だということです。引越しの際には大がかりな物の移動がつきものですが、マンスリーマンションは家具や家電はそのまま、自分の持ってきた荷物だけを持ち帰れば良いという特徴があります。マンションを解約する際には部屋の汚れ具合によって清掃費などが加算されてしまうため、できる限りきれいに使うことで料金を抑えることができます。

マンスリーマンションを契約すると、1週間単位で部屋を借りることができます。家具や家電が部屋に設置されているので、余分なクリーニング代や外食費を払う必要がありません。