どんな事をする?工場の求人でやる仕事とは

何がある?工場の仕事

仕事探しとして、工場の求人を見つけたい場合、どのような仕事があるのか気になるものです。一言で工場といっても様々なのですが、大まかな作業は似ている物もあります。まずは部門に分けて、どのような作業があるのか把握してみましょう。

作るお仕事!工場の製造部門

工場というとイメージしやすいのは製造部門です。部品を作ったり、その部品を使って製品を作ったりする仕事になります。製品によって製造法などは違いますが、専門的な物になると資格が必要な場合もあります。後の検品部門である程度のミスは補えるものの、集中してしっかりと製品を完成させる事が重要です。

調べるお仕事!工場の検品部門

製品が完成した後、それが本当に完成しているのかを調べるのが検品部門になります。例えばネジが緩んでいる、傷がついているなど販売が難しい、と判断したものを除外したりする仕事です。製品によっては大量にベルトコンベアーで運ばれてくる物を調べ続ける場合もあり、集中力が必要になります。しかし、この仕事がなければ不良品が販売される危険性もあり、非常に重要な仕事です。

運ぶ仕事!工場の配送部門

検品が終わり、製品として完成したものは市場や倉庫に送られます。この時配送を担当するのがこの部門です。多くの場合はトラックを使い、まとめて製品を配達する事になります。そのため自動車免許が必要になる事に注意が必要です。工場の規模にもよりますが、多くの場合は一定のコースを巡回する事になるため、道は覚えやすいですが時間厳守の仕事になります。

自分に合った仕事を探そう

このように、一言で工場の仕事といっても様々な部門が存在しています。自分に向いているのはどの部門なのかをしっかりと考えてみて、そのうえで仕事を受けるようにしましょう。

utエイムの求人情報なら